ウーロン茶ごきゅごきゅ

やけくそに近い雑記ブログ

『笑けずり』メンバーで『ひょっこりはん』が一番売れたという事実

f:id:onituka_hiroki:20180520212711j:plain


笑けずり』という番組を知ってる人っている?

 

いや、かなりマイナーな番組なんだけど。
でも、お笑いマニアの間ではかなり有名で評価の高い番組だったりした。

 

『笑けずり』はいったいどういう番組なのか

 

『笑けずり』は一言で言うと「若手芸人を養成する番組」だ。

 

予選を勝ち抜いた若手芸人は、共同合宿をする。
その合宿所に講師としてベテランの芸人を呼び、ビシバシ鍛えて貰うというもの。
番組の後半では一組ずつ学んだことを活かしたネタを行い、最もつまらなかったコンビは退場となる。合宿所から去ってもらう。
そういう番組だった。

 

講師の先生はテレビで活躍しているかなり有名な芸人が多かった。サンドウィッチマン中川家笑い飯といったM-1でも優勝した凄腕漫才師の教えが聞ける。どれもこれも興味深い内容だった。

 

最終的にこの番組で最も好成績を上げたのは、「ザ・パーフェクト」というコンビだった。彼らは今後のテレビ・舞台での活躍も大いに期待されていた。

 

出演していた若手芸人はその後どうなった?

 

その後若手芸人達はどうなったか。
残念ながら未だ売れずに燻っている芸人が殆どだった。
ザ・パーフェクトは何回かテレビに出られたもののそこまで売れそうな気配はしない。M-1グランプリでもまだ準々決勝を突破できていない状況だ。

 

Aマッソなんかは深夜のテレビでちょこちょこ見る機会があり、まだ売れている方ではある。AマッソはM-1では準決勝までは出場している。もしかしたら今後売れるかもしれないと言われている芸人だ。

 

そして、他の芸人達はというと……

 

恐ろしいことに殆どが解散をしてしまっていた。

 

アルドルフや、天然ピエロと言った芸人はこの番組では良い成績を収められず、早々と退場させられてしまった訳だが、だからと言って面白くない訳じゃない。


何しろ予選は通過しているのだから。

 

しかし、それでもやはり解散を決意したのは「このままではいけない」と番組に出演して思ったからなのだろう。「何かを変えなくてはいけない」。そう思った結果がたまたま『解散』だっただけだ。

 

芸人の道はやはり厳しい。そう簡単に売れるものではない。

 

 

だが

 

 

一組だけ、いや違う。一人だけ、唯一売れた者がいた。

 

 

唯一売れた芸人、それがひょっこりはん!!

 

『ひょっこりはん』という芸人は恐らく知っている方も多いだろう。
この芸人はテレビでかなり出ている。女子高生にも人気がある。

 

人気がある理由はひょっこりはんがネタの最中に見せるポーズが真似しやすく、プリクラなどでこのポーズを取るのが流行っているかららしい。

 

ひょっこりはんはもともと「ダイキリ」というコンビでやっていた。笑けずりではあまり良い印象を残せなかったコンビだ。笑けずり終了後には、例に漏れずコンビを解散した。

 

ダイキリのツッコミ役である彼はその後ピン芸人「ひょっこりはん」として活動した。
だが、ひょっこりはんが売れるとはお笑いファンは誰も思っていなかった

 

ところがである、まさかまさかのダントツで番売れてしまった。

 

本当になにが起こるか分からないものだ。

 

================================================================

☆関連記事

onituka-hiroki.hatenablog.com

onituka-hiroki.hatenablog.com

onituka-hiroki.hatenablog.com