ウーロン茶ごきゅごきゅ

やけくそに近い雑記ブログ

「火花」の映画版を観てきた

又吉が芥川賞を獲得したことで有名なあの火花の映画を観てきましたよ。
売れない芸人がもがく映画。泣くまではいかなかったけど、感動はしました、はい。
ただひっかかるのが、芸人って酒ばっかり飲んでいるっていう感じに思われないかってこと。


どうしても主要人物二人の会話シーンが多くて、そして、話す場所がだいたい居酒屋だったりするからもうめちゃくちゃ酒を飲みまくっている感じに見える。
ネタの練習をしているシーンもあったけどね。喧嘩してたけど。


本当は原因は酒ばっかり飲んでなくて、特に売れている芸人は裏でめちゃくちゃ努力していていて、ネタとか毎日のように書いているんだろうけれどもね。


まあでもおもろかったです。小説で感動できたあのシーンでもう一度しっかり感動できました。

 

エンディングの浅草キッドの歌もよかったね。歌うますぎるだろ二人とも。めちゃくちゃうまかった。
しかも歌い方がちゃんとキャラにあっているという。

 

後、ちょいちょい謎なシーンがいくつかあった。特によくわからなかったのが、東京タワーに男性が突き刺さっているシーン。なんかの暗示なんだろうけれども、なんの感じなのかさっぱりわからない。
冒頭の砂浜に埋まってたばこすっている男性も何者なのか正体が掴めなかった。