ウーロン茶ごきゅごきゅ

やけくそに近い雑記ブログ

【ツイッター/facebook/】SNSで嫌われない方法を見に付けてSNS疲れと戦おう

f:id:onituka_hiroki:20180512174308j:plain

 

 SNSはこの世に腐る程存在する。
 
 最近ではSNS鬱などと言われ、SNSでの人間関係に果てしなく疲れる人も多い。めちゃくちゃ多い。まあ、疲れるよね。いやだってさあ、リアル社会での疲れを癒そうとしてネットにきているのに、そこでも人間関係に気を使わなくちゃいけないってしんどいよ相当うん。
 
 なぜ人間関係に気を使う必要があるのかというと、人は嫌われたり仲間はずれにされたりするのを本能的に嫌うからに他ならないのだろうけれども。

 たまに「俺は嫌われても大丈夫。炎上どんとこい!!」なんて言う人もいるけれども、まあ、そういう人は強がっているだけのことが多いと思う。もちろん本当に嫌われることを恐れない人もいるにはいるんだろうけれども、まあ、極少数だろう。

 特にSNSをやっている人はリアルでの交友がうまくいっていない人も多い。
 そんな人はSNSに居場所を求めている。そのなのにそのたった一つの居場所の中ですら嫌われてしまったら、もう行くところがなくなってしまう。そんな恐怖に駆られることが多いのだと思う。
 
 しかし鬱ですよ鬱。鬱なんてもうやばいでしょ。
 たんなる娯楽であるはずのSNSで鬱になっていたら、もうしんどいことこの上ないだろう。
 じゃあSNSで疲れないためには、どうしたらよいか。
 方法としては二つある。

 

 1つ目は嫌われても大丈夫なメンタルを作ること。


 しかしさっきも言った通り、こうなれる人って本当に極少数だと思う。ブロガーでも炎上を恐れない人っているけれども、(イケダハヤトとかイケダハヤトとかイケダハヤトとかイケダハヤトとか)、ほんとうにそれはある意味才能であったり、長年の訓練で培われるものであったりして、普通の人が急に嫌われるのを恐れなくなるのは不可能だと思うんだよねえ。

 

 2つ目の方法はなるべく嫌われないように生きること。


 まあだいたいの人はこっちのやり方をとることになるんじゃないかって思う。

 じゃあどうやったら嫌われないようにできるのか。今回はTwitterを例にとって、その方法を考えてみる。

 

 ※これらの方法を参考にして失敗してしまっても、基本的に責任は持てません

 

1.裏アカウントを作って本当に信頼できる人とそっちで繋がる

 

 TwitterというSNSは便利なもので、アカウントを何個も作ることができる(作りすぎると凍結されるらしいが一桁台なら大丈夫だ)。
 なので裏アカウントを作ってもう一つの顔を作ることが可能というわけ。

 注意しなくてはいけないのは、裏アカウントからフォローするのは「特に親しい人」のみに絞る。どんなときでも見方になってくれる人のみが良い。

 で、具体的に裏アカウントというものはどういうときに効果を発揮するのかというと。例えば表アカウントで誰かと喧嘩してしまったとする。そんなとき、あなたはきっと辛い思いをすることになるだろう。すぐにこの胸のモヤモヤを消してしまいたくなる。だが、表アカウントにその人の愚痴を書き込んでしまうと、余計に関係が悪くなる。それどころか、その人と仲の良い人を敵に回しかねない。敵に回すと総出で叩かれる危険がある。(SNSで最も怖い点)
 なので表アカウントには書き込まない。変わりに裏アカウントの方に書き込むようにする。

 愚痴を書き込んだだけで幾分か気持ちが楽になるだろう。しかし効果はそれだけではない。裏アカウントをフォローしてくれた友達が、自分を慰めてくれるのだ。「あの人の方が悪いよね」とか言ってくれる。何しろ自分と仲の良い人達なのだから、それぐらいは言ってくれる。

 こうなればあなたの気持ちは更に楽になるだろう。

 注意すべき点は裏垢でフォローする人は本当に親しいひとに限ること。何をいっても味方になってくれる人のみフォローする。これが肝心だ。

 

2.他人の創作物に反応する


 Twitterでは創作物を公開している人がやたらとたくさんいる。
絵であったり小説であったり様々だ。

 二次創作といって、既存のアニやなゲームをもとにした創作も頻繁におこなわれている。
 そうした創作物をフォロワーが流してきたら、とっさに反応するのも大切だ。反応といっても感想を書いたり、めんどくさいことはしなくていい。ただそのツイートをRT&いいねするだけでいい。RTといいねはどっちか片方だけでもよいが、両方だとより効果的だ。
 自分の創作物に対して反応が少ない人なら、それだけで好意も持ってくれる人も多い。

 間違ってもやってはいけないのは、人の創作した内容を批判したりすること。創作物の批判はやってよいことだが、友好を築くにあたっては明らかに好ましくないことだ。

 とにかく褒めるこれが重要だ。

 また、あなたも何か創作をやっているなら、今度は褒めた相手が自分の創作を褒めてくれるかもしれない。
 基本的に創作をしている人との交流は一般の交流よりも楽な気がする。基本的に褒めてればいいのだから。

 

3.誰もが反論できないことをときどきつぶやく。

 

 これは若干上級者向けのテクニックになる。
 誰もが反論できない、ド正論をときどき強めの口調でつぶやく。
 するとフォロワーはあのひとを敵に回すと怖いって思う。そして、こっちに攻撃的なことを言ってこなくさせることができる。

誰もが反論できないこととは具体的に言うと、
「パクリツイートをRTするな」とか
「映画のネタバレはやめろ」とか
「著作権違法動画を見るな」とかだ。

 こういったことは紛れもない正論で、反論がしずらい。
 こういうことを時折つぶやいて、フォロワーを刺激させよう。
 するとフォロワーはあなたのことを少しは怖がってくれる。怖がってくれれば仮にあなたが他人と喧嘩したとしても、味方についてくれる確率が高くなる。

 このやり方は、自分が先頭に立って何かをやる人にはとくにおすすめする。自分が企画の運営者だったり、何かしらの投稿サイトの管理者だったりする場合、はそれなりに威厳というものが求められる。
 こういうことをして怖がらせることは多少は必要になってくるというわけだ。
 もちろんやりすぎは禁物だ。こういうことをつぶやくのはほどほどの頻度にしておこう。

 

===================================================================

☆関連記事

onituka-hiroki.hatenablog.com

 

onituka-hiroki.hatenablog.com