一週間の中で、何曜日が一番しんどいか

答え:全部辛い

 

いやいやいやいや、なんやそれって思うかもしれない。
でもこれは決しておかしな発言ではなく、実際に自分にとってはそうなのである。
月曜日から日曜日まで自分は最近全部辛い。しんどい。もうやだ。リスカしよ。
ただ、一概に辛いと言っても、辛さのベクトルがそれぞれ違う。月曜日の辛さと日曜日の辛さは全く異なるものである。
辛いって言っても、色々ある。

そこで今回は、月曜日から日曜日まで、いったい何が原因が辛いのかを纏めてみようと思う。そしてあわよくば、辛さを軽減する方法についても少し考えてみよう。


月曜日:

これが一番分かり易いね。土曜日、日曜日とニ連続で働いていたのに、ここにきて働かなくてはいけないという辛さ。
月曜日から5日間も連続で働かなくてはいけないと思うと酷くしんどい。今日のことだけでなく、5日間のことまでも考えて憂鬱になる。
憂鬱を軽減させる方法としては、今日一日のみのことしか考えないことか……。

 

火曜日:

まだ休みまでは長い。「とりあえず月曜日は適当にやろう」って思考で月曜日を乗りこえた場合ここでしんどくなる。
いよいよ言い訳が効かなくなる。月曜日にやらなかっためんどい仕事にそろそろ手を付けないといけなくなる。
火曜日が終わった後、まだ週の半分が終わっていないという事実に愕然とする。そういうときは金曜日をとりあえずなかったことにする。
そうすることで火曜の段階で「半分終わったー!イエーイ!」って無理やり思うことにしている。だが、金曜日は確実に存在するのだ。そんな自己暗示は滑稽なだけである。

 

水曜日:

昼休みになると「ようやく今週で半分かー。なんとか乗り越えるぞー!」って前向きな気持ちになるときとならないときがある。
月曜日と火曜日の疲れが溜まってしまってポジティブになれないときがあるのだ。
とりあえず水曜日が終われば休みが見えて来るわけだけども。

 

木曜日:

週末までに終わらせないといけない仕事を片付けないといけない。金曜日に残しておくと、終わらない恐怖と戦わないてはいけないから木曜日までに済ませないという気持ちになる。
という訳で、木曜日が一番残業が増える。水曜までの疲れになんとか耐えながら、戦い続けないといけない。
しんどい。めっちゃしんどい。
ただ木曜日が終わってしまえばこっちのもの。後1日乗り越えれば良いんだ。

 

金曜日:

さあ、今週で終わりだ。金曜日。ラスト。ファイナル曜日。ファイナルファンタジーはいつまで経ってもファイナルにはならないが、ファイナル曜日はちゃんとこれにて終了する。
ただ今週で仕事をちゃんと切りよく仕上げないと来週の月曜に泣くから一応そこは気をつかわなくてはいけない。
仕事が終わったら自分は速攻で酒を飲む。この酒を飲んでいる時間が一番の至福。もう来週のことなんて考えない。今が楽しければそれでいい。

 

土曜日:

二日酔いは食べ過ぎの下痢で、午前中は何もできないことがしばしばある。今日は休みだーと晴れやかな気持ちになりつつも、「なんとか楽しまなきゃ」って気持ちに追われ、翻って楽しめないときがしばしばある。
とりあえず部屋の掃除なんかをしてみるが結局進まない。
自分はぶっちゃけ土曜日よりも金曜日の方が楽しい。うんこれは間違いない。意外と土曜日はうんこ。
何か絶対的な趣味とかあれば土曜日が一番楽しいものになるのだろう。
ちなみにこの記事を書いているときは土曜日で、本日も何か休みだからしなくてはいけないという気持ちになったからこの記事に着手している。

 

日曜日:

明日から会社という恐怖にずっとずっと怯え続けることになるこの曜日は。
サザエさん交渉群と言ってサザエさんを観た後の夜7時から鬱になる人も多いらしいが、自分は日曜は一日中鬱になっていることも多い。
なんとか時間を無駄にしてはならないと思うが結局やりたいことの半分もできない。
やりたいことを消化できるのが夜の8時を過ぎてからになることもある。
日曜日はあまり早く寝たくない。明日になってしまうのが怖いから。