【将棋ウォーズで勝てる】初心者でも簡単、おすすめ戦法・定跡ベスト5!

 

f:id:onituka_hiroki:20170524223426j:plain

 

どうもこんにちは。鬼束ヒロキです。

 

突然ですが、自分は将棋が好きです。

将棋ウォーズというネット上で他の人と将棋が指せるサイトがあるですが、そこで一日中指し続けていることもあります。

もはや廃人に近くなっている。

 

将棋は現在すっごく盛り上がっていると思う。

 

藤井聡太というニューヒーローの登場や、加藤一二三バラエティでの活躍。

そして電王戦いでの、最強将棋ソフトPONANZAと名人佐藤天彦の対決。

 

うん、やっぱり盛り上がってるね。

 

正直将棋の記事って書いても読まれそうにないから書かないでいこうと思っていたんだけど、こんだけ盛り上がってたらたぶん結構読まれるかもだし、書いてみようと思いました。(不純)

 

そこで、今回は、「将棋初心者でも勝ちやすいおすすめの戦法」を紹介したいと思います。

最近の将棋界の盛り上がりを見て、自分も将棋を始めようって方が多いと思います。

しかし、いざルールを覚えて将棋ウォーズとかで対局しても、なかなか勝っていけないことも多いんじゃないかなと思います。

 

将棋をルールを覚えるのがとにかく大変!せっかく苦労してルールを覚えたのに、全然勝てないと、いやになりますよね。

 

今回自分が紹介する将棋の戦法は、覚えさえすれば初心者でも非常に勝ちやすいものです。

これらの戦法はプロ棋士はあまり指しません。

 

しかし、アマチュアの間では非常によく指されているし、勝率も高いと思う。

(プロ棋士も指すっちゃ指すけど、ちょっと別の物だったりする)

 

 

5位.石田流三間飛車

 

これね。石田流っていう名前がまずかっちょいい。

戦法の中身もかっちょいい。まず、角道を通す。そんで、次はなんと、今さっき動かした歩をもう一回前に動かすのだ。そしたら飛車を左から三番目にもっていく。

うまくハマればかなり強い。

相手の飛車を取りやすい戦法。

ただ、相手にうまく対応されると勝ちにくい。

後なんとなくずるい。

定跡本はかなり多いので勉強はしやすいと思う。

 

 

 

これは超有名。振り飛車の代表。飛車を左から四番目にもっていく戦法。

飛車を動かしたら玉を「美濃囲い」という囲いにかこう。

この美濃囲いっていうのがめちゃくちゃ固い。

しかも手数もそんなにかからない。とってもコスパの良い囲いだ。

玉を囲った後は、相手の攻めをひたすら待つ。

そして、相手が攻めてきたら、その隙をついて反撃する。

そうこれは「反撃」の戦法なのだ。

しかーし、この「反撃」がそこそこ難しい。

ある程度練習は必要な戦法だと思う。

でも、美濃囲いは非常に強力だし、なにより振り飛車の基本を学べる戦法なのでおすすめ。

 

 

3位.原始中飛車

 

原始時代からある戦法っていう訳じゃなくて、攻め方が原始的な中飛車って意味。

飛車を真ん中にまず持ってくる。

そして、四間飛車と同じように美濃囲いを組む。

後はがんがん攻める!。真ん中からがんがん攻める!
銀、桂馬、角、攻め駒をどんどん前に繰り出していって、攻める。
とにかく攻める。

四間飛車は「反撃」の戦法だけど、原始中飛車は「攻め」の戦法。

とにかく攻めるのが好きな人におすすめの戦法。

万が一攻めに失敗しても、玉が美濃囲いなので固いし、そう簡単には負けない。

 

 

2位.右四間飛車

 

飛車を右から四番目に移動させる戦法。

将棋漫画で有名な『ハチワンダイバー』では、なんとこの戦法に初段未満の人は全員やられてしまうって書かれている。

とにかく狙いは4筋!!!

4筋に飛車、角、銀、桂を全部集中させる。

そしていっきに攻め潰す。

自分も前はこの戦法を使っていましたが、本当に勝ちやすいです。相手が居飛車でも振り飛車でも使えるのが大きい。

 

 

1位.原始棒銀

 

二つ目の原始がきた!

これは知ってる人も多いと思う。

初心者ならまずこれ、って言う人もかなり多い。

やり方は実に簡単。飛車先の歩を伸ばして、飛車先の歩を交換した後、銀をずんどこずんどこ前に出していけばいいだけ!

原始棒銀は受けるのがめちゃくちゃむずい。

だから、だいたいの人は受けられずに終わる。

将棋のルールを覚えたら、まずこの戦法からやるのが良いと思う。

これ一本で4級ぐらいまではいけるんじゃないかと思う。

最初のうちは、玉を囲ったりとかしないで、とにかく攻めていけばいいと思う。

だんだんそれだと勝てなくなってきたら、相手が居飛車の場合は「カニ囲い」、振り飛車の場合は「船囲い」に囲うのがお勧め。

ちなみに棒銀と言えば加藤一二三さんが有名だけど、あの人の棒銀は攻めまくる戦法という訳でもなく、どっちかっていうとチマチマと攻めていく戦法なので、初心者にはお勧めしない。

 

 

まとめ

 

最初はこの5つの戦法を覚えるのが良いと思う。

横歩取りとか角換わりとか、そういう本格的な戦法はガチでむずくて、覚えることがむちゃむちゃあるので、とにかく最初のうちは避けるべし!

ちなみに将棋ウォーズは最初30級からスタートする。
たぶん4級まではいけると思う。そこからが結構むずい。
4級と3級の間には大きな壁がある。

そして、1級と初段の間にも大きな壁がある。

それ以降は1段ごとに大きな壁がある感じ。

なのでとりあえずは4級までいくことを目標にするのが良いと思う。