【はねコイ】『はねろ!コイキング』は結局どんなゲームなのか。

f:id:onituka_hiroki:20170527184821j:plain

 

『はねろ!コイキングというゲームがリリースされて結構日が経っている。

 

www.apppokemon.com

 

自分の周りの人達もどんどんやり始めて、「またピジョンに捕食されたー!」「ビリリダマに殺されたー!」ってtwitterで騒いでいる。

 

流行しているのは分かったが、どんなゲームなのか、さっぱり自分は知らなかったので、始める気にはならなかった。元々スマホゲームそんなやらないし。

 

コイキングが跳ねる高さを競い合うゲームっていうのは知ってたけど。
他の情報が全然なかった。

 

あーたぶんコイキングが跳ねるタイミングに合わせて、スマホの画面をタッチして遊ぶんだろうなあって思っていた。

 

それで、今日インストールして、はじめてこのゲームをやってみた訳よ。

 

いやあ、だいぶ予想と違いました。

 

うん、これは面白い!!

 

いったいこのゲームがどんなものか気になっている方も多いでしょう。

しかし、中々手を出しづらい方も多いと思います。

特にポケモン世代じゃない人は。

そこで今回、このゲームの簡単な説明をします。

これで面白いと思った方はインストールしてみてください。

 

結構どういうゲームなんこれ

 

一言で言うと「コイキングを育成し、跳ねる高さを競い合う」ゲームです。


『とっくん』させたりだとか食べ物を食べさせたりだとがで、どんどんどんどんコイキングの跳ねられる高さを高くしていく。

 

そして、コイキングの跳ねる高さを競い合うリーグっていうのがあって、そこに育てたコイキングを参加させる。

そしてそのリーグでどんどん勝ち進んでいく。

 

っていうゲーム。

 

ようするに、コイキング特化のポケモンマスターを目指すゲームといった所か。まあ、バトルはしない訳だけど。

 

そしてコイキングを限界まで育てたら、他のコイキングに『世代交代』していく。新しいコイキングは以前のコイキングよりも、育てられる限界が増えるので、より強くすることができる。

 

そしてどんどん世代交代していって、やがては最強のコイキングを育て上げる。

 

あ、後自分が勘違いしてたことだけど、コイキングがリーグで跳ねるときは、スマホの画面を連打したりだとかそういうのはいらない。オートでコイキングが跳ねてくれる。

 

(でもつい連打したくなってしまう。本家のポケモンモンスターボールで捕まえるときにAボタンを連打したくなるのと同じ感じで)

 

プレイヤーがやるべきこととは、とにかくコイキングを強く育てることだ。これは育成ゲームなのだ。

 

面白いのか

 

三時間ぐらいプレイした限りでは、結構面白い。

読み込みの時間も長くないし、サクサクとプレイすることができて非常に楽。

 

コイキングが、どんどん成長して、跳ねられる高さが上がっていくのが面白い。
今までで、最高は25mぐらいだった。最終的には100m以上はいくんじゃないだろうか。

どのくらいまで跳ぶんだろうって期待がめっちゃある。

これは途中で止めるってことができなくなる。

 

後、『とっくん』には、失敗するとペナルティがあるものも存在する。失敗するとピジョンに喰われたり、ビリリダマの爆発に巻き込まれたりする。そして、そのコイキングが使えなくなってしまって、強制的に世代交代となってしまう。

 

ただ、そういうペナルティがある『とっくん』は『やらずに帰る』っていう選択肢を取ることも可能だ。だから、基本的には安心してプレイすることができる。ハラハラしたくない人にもおすすめできる。

 

課金はしなくてもいいのか

 

今のところ、そこまで課金の必要性は感じていない。
まあ、プレイを進めていくうちに、あー、もっと早く進めたいとか思うようになるんだろうけれども。

コイキングを強くするのに『とっくん』をする必要があるわけだけど、この特訓が一定数以上は時間が経たないとできないようになっている。一定数以上やるには課金が必要だ。

 

そして、とっくんをやらないとリーグで勝てないので、早く進めるためにはやはり課金が必要になってくる。

 

後、コイキングが普段暮らしている水槽の中をアレンジするための道具も、課金で得る必要が出てくる。

 

今度プレイ続ける?

 

今後しばらくは続けていきます。

楽しいし、これは中々飽きづらいと思う。

 

自分ポケモン好きだし、コイキングも結構好き。


作業ゲーみたいな所もあるけど、 『とっくん』にバリエーションがあったりと、とにかく飽きさせない要素が盛り込まれている気がする。

 

後なんか金色のコイキングがレアキャラとして出ることもあるらしいので、それも楽しみだ。

 

ポケモンGOも面白いけど、最近下火になっているので、こういったスマホゲームもポケモンはどんどんリリースしていって欲しい。

 

高田どり酒場っていう居酒屋に一人で行ってきた

 

f:id:onituka_hiroki:20170527151305j:plain


はろー、鬼束ヒロキです。

昨日ですが、始めて、一人で居酒屋というものに行ってきました。

居酒屋だよ居酒屋!


一人でそんな所行くのかよ!

っていう思いが自分の中にもあったので、どうかなと思ったんですが、なんか全品280円とかいう居酒屋があったので、「え、280円とかヤバくね。どんな感じだ」と興味が湧いたのでいってきました。

 

高田どり酒場という居酒屋にいってきました。

http://www.monteroza.co.jp/new/menu/872/

モンテローザ系列の居酒屋みたいです。ただモンテローザの中では比較的マイナーな方な気がします。

カウンターに座った。

 

 この高田どり酒場にはカウンターがありました。

とりあえず、カウンターがあって安心しました。

 

カウンターがあるってことは、一人で来ても許されるってことでしょう。だいぶ気が楽になる。


ただ、近くにテレビとか置いて欲しい。暇や。一人だとスマホ弄るくらいしかないんやで……。
自分以外にカウンターに座っている人はいませんでした。
やっぱり一人でくる人は少ないのか。


奥の方から、大人数でやってきた学生さん達の楽しいそうな声を聞いているとちょっとだけむなしくはなってきます。

スマホで音楽聴きながら食べるのがよさそう。

イヤホン持ってきてなかったからできなかったけど。

 

料理に関して

 

 この居酒屋は全て280円です。

これは相当安いです。お酒も280円。つまみも280円。そしてなんとシメのラーメンとかも280円(量は少ないけど)

 

で、味についてですが、結構ばらつきがあります。

焼き鳥とかはうまいんだけど冷めるとだいぶ味が落ちる。


ちょっとひどいなあと思ったのが、ポテトもちで、甘すぎました。

あとはまあ、フライドポテトとかも美味しかったです。

 

で、肝心のお酒の方ですが、まあ悪くはなかったですよ。
ただ、アルミ缶の100円のチューハイとそんなに味かわんない気がします。まあ美味しいことは美味しいんですけどね。家で飲んでも一緒な気がする。

 

ただ、お酒の種類はかなり多かった。

ビール、ワイン、チューハイ、ハイボール、それぞれめっちゃ種類あって、全部が280円だった。

 

店員の態度

 

 ぶっちゃけっていうと相当荒い。
一人客に対してだけ雑な気がする!!
グラス置くときかちょっと零れたぞ。

会計のときもやたら無愛想だったし!!


まあ、居酒屋は安給だし、激務だし、自分みたいな一人客に対していかに手を抜くかも、自分の体力と寿命を守る上では、必要になってくるんでしょうね。
(っていうかモンテローザってブラックだよなあ。バイトの子たち大丈夫なんだろうか)

 

まとめ

 

 やっぱり居酒屋は大人数でいった方がよい。
何か寂しくなったときとか、一人で延々と色々な種類のお酒を飲みたいときだけ行くのがいいと思った。


まあ、もう一人では自分は行きません。そこまで楽しくはなかったし、モンテローザはなによりブラックだしね。

 

一人なら家で飲んでも一緒です。

 

 

「"考え方"は人それぞれだ」っていう"考え方"について

f:id:onituka_hiroki:20170527122544j:plain

 

これってどうなんでしょうか。

よく聞きますよね。twitterとか2chとか、後は会社とかでもたまーに。

話し合いをしていたら、だいたい出てきますよね。

 

「考え方は人それぞれだ」。うん、たしかにその通りかもしれない。

 

例えば、自分は犬より猫の方が可愛いと思っていても、他の人は犬の方が可愛いと思うかもしれない。

人はみなちょっとずつ価値観が違っていて、だから、争うのはよくない。戦争なんかもっての他だ!!!

 

人がみな価値観の多様性を認め合うことで、世界は平和になる。なるほどたしかに。

 

ただ、これずっと中学ぐらいの頃から自分ずっと思ってたんですけど。

 

考え方は人それぞれだっていうのも、結局は考え方の一つなんじじゃね。

 

っていう疑問がどうしてもあったんですよ。そして、大人になってからもこの疑問は消えなかったです。

 

という訳で、今日はちょっとこれについてちょっと考えてみました。

 

漫画とかでもよく使われているよね、これ。

 

漫画とか、アニメとか、そういった二次元の創作の中で、「価値観は人それぞれだ」って主張しているキャラ(だいたい見方キャラ)っていますよね。

 

分かりやすくて有名なもので言うと、ワンピースの青雉なんかがそうですかね。

 

特に最近の漫画に多い気がします。

 

勧善懲悪っていうジャンルの漫画ってあるじゃないですか。

 

ドラゴンボールとかがそうですね。

 

そういうのって、「一方的に悪を懲らしめているだけで、相手の主張なんて聞きもしない」っていう感じで批判されることが多いですよね。

 

批判されると同時に、そういう漫画の悪役には多数の同情が寄せられて、悪役の人気が高まっていく。そういう傾向もあると思います。特にネットの世界では、悪役の方が主人公よりも人気があることが多いです。

 

それで、そういった漫画が批判されてきたから、今では勧善懲悪を止めて「考え方はひとそれぞれだ!」っていう結論を出すようにしている漫画が増えましたね。

 

しかしこれが結論ってどうなんだ? ありなのか。

 

こういって漫画とかの影響もあって、「考え方は人それぞれだ」って結論を出すのが、さも絶対的に正しいという概念が生まれてきているような気がします。

 

何かを主張すると、すぐこの言葉を言われて、終わらされてしまうこともあります。

 

でもさあ、この結論をすぐに出されたところで、

 

で? 

 

って感じなんですよね。

 

なんも解決してないんですよね。

 

考え方は人それぞれだって結論を出した所で、何の発展もないんですよ。

 

じゃあ次はどうしようっていうのが一切見えてこないんです。

 

考え方は人それぞれだ。だから話し合いをして解決しようってことなのかもしれませんけど、話し合いをするからには、結局はどれが正しいのかを探らないといけない訳です。

 

じゃあどうするのか。

 

考え方は人それぞれといきなり結論づけるのではなく、とりあえず言い争ってみる。そして、言い争っている中で、同じようなことを相手も向こうも言い始める、ようは話がループしてきたら、そこでようやく、「考え方は人それぞれだね」って結論を出すべきだと思います。

 

考え方は人それぞれだってことで結論づけた方がよいときもあります。議論がどうしても終わらない場合とか。後は戦争で犠牲者が出続けているときなんかも同じく。

 

しかし、なんでもかんでも、この結論で議論を早々と終わらせてしまうのは流石にどうかと思いますね。

 

考え方は人それぞれ、っていうときって、大概自分が不利な状況のときなんですよね。

で、そういう言葉を使う人に限って、他の部分では、これはこうだって決めつける考えを持っていたりする。

 

なんでこのセリフを言うのかっていうと、自分は客観的に見ている人だって、思われたいからだと思うんですよね。

考え方はひとそれぞれっていうのも結局は考え方の一つな訳ですから、全然客観的じゃないですよ。

 

人それぞれなのは前提であって、結論としてそれは使うのはどうか、って思うんですよね。

どうしても、って場合のみ、仕方がなくそう結論づけるべきだと思います。

 

 

ブログを5日続けてみて

f:id:onituka_hiroki:20170526224335j:plain

 

とりあえず、ブログを5日続けてみました。
まずまず、はてなブログの使い方も分かってきました

ブログチャレンジの方もやっていて現在レベル8です。

まあ、まだ低いですね。ポケモンで言うと、最初のジムにも勝てないレベルです。

まあ、それはそれとして、やっぱり思うのは自分は文章を書くのが好きなんだなあってことです。

 

実は元々自分は……

 

自分は元々小説を書いておりました。自分を思ったこと等は、全て小説として表現すべきだ、という考えを持っていました。

ブログをやりたい! という思いはあったのですが、そういった考えが邪魔をして、どうしても始めることができませんでした。

しかし、最近新しいことをチャレンジしたいという気持ちが湧いてきたのと、後はねえ、言いたいことを全部小説として表現するのを徹底するなら「twitterとかも止めなきゃだめじゃん」ってことにきづきましたですね。ああ、自分は何時の間にか小説以外でも、普通に自分の思ったこと書いてたんじゃん。

っていうかプロの小説家だって、言いたいことは必ずしも小説で表現している訳じゃないだろう。

自分は変な固定概念にとらわれていたなあって思いました。という訳で、ブログを始めてみました。

 

で、どんな感じなん?

 

投稿した記事はこれを入れて7つ。1日1~2つ書いています。とりあえず今の所は継続はできている感じです。でもだんだんきつくなってきました。毎日更新するために、土日に書き溜めしておくことも考えないとなあ。

ちなみにアクセス数ですが現在合計64です。主にtwitterから読んでくださる方が多いです。

読者数は4人です。コメントも一つ頂きました。ありがとうございます。とっても励みになりました。

 

みるおかさんに読者になっていただいた!

 

www.recomtank.com

 

「面白いブログ教えて」というツイートをしていたみるおかさんに自分は自分のブログを紹介しました。みるおかさんは月刊50万pvを超える有名ブロガーの一人ですので、そんな人に対してこんな超超超超超超駆け出しブログを読んでくださいってリプライを送るのは失礼すぎるような気もしましたが、勢いでリプライをしてしまいました。

 

そしたら、なんと!読んでくださるだけでなく、読者にまでなってくださったんです。そして更に、読者になったことをツイートまでしてくださいました。

 

なんて優しい方や……。みるおかさん本当にありがとうございます。

みるおかさんのお蔭で、アクセス数はかなり上昇しました。

 

今後は……

 

まだまだ始めたばかり。さて、今度どうなるか。

とりあえずこれからもブログの更新の方頑張っていきます。まだ記事数少ないのでどんどん増やします。できれば7月までに100記事はいきたい。

 

それで100記事いったら過去記事をリライトして、検索に引っかかりやすくする。同時に、ブログのデザインを改良していくと。

 

そんでもって、ついに広告を張る。

 

ブログでお金を得る人になる。

 

そこからどんどんどんどんどんどんどんアクセス数増やしていって、最終的にはヒトデさんに追いつけるようになるのが目標です。

www.hitode-festival.com

 

ヒトデさんは自分が憧れているブロガーの一人です。この人のブログは本当に面白い。後でこのブログに関する記事を書きたい。

 

このレベルまでいくのに後何年かかるのだろうか。

 

ブログは継続することが肝心だ。五年くらいやらないと成果がでない。五年後ブログで稼ぐことなんかもうできないような社会になってないか、それが不安ではあるが、まあ未来を信じて突き進むしかないですね。

 

さあ……いくぞ……!!!!

 

 

 

 

なぜ大学生になると挨拶が急に「おつかれー」になるのか

f:id:onituka_hiroki:20170525214454j:plain

 

いや、これマジで、大学に入学した頃めっちゃ疑問だったんだけど!

 

あいさつって言えばさあ、「こんにちは」「ありがとう」「いってきます」だって、ポポポポーンのCMで習っただろ!!

 

なんで急におつかれーに変わったの。

ねえねえ、みんなはいつのまに、その挨拶の仕方を覚えたの。先輩から教わったの。

それとも、大学生になると無意識の内に「おつかれー」っいうように誰かから信号を送られたの

 

帰りとかなら分かる

 

それならまだ分かるよ。だって疲れてる訳だし。

 

でもさあ、みんな朝大学にやってきたときとかでも使ってんじゃん。

 

まだ何も疲れるとことやってないよ!

 

でもまあ、遠くから通っている人とかは疲れているかもしれないな。

ただ、歩いて五分の人に対してもおつかれーって言ってたぞ。

 

あれか寝るのに疲れたのか。分かるわー。寝ることって以外と疲れるもん。

悪夢とか見てたら、それだけで疲労マックスになるもんな。いやあでもさあ、相手が悪夢見てたとかどうやって確認してんの。

 

もしかして大学生ってみんな相手の脳内を見透せる特殊能力持ってるの。

 

なぜおつかれーって言うのか

 

思うに、大学生って自分が意識高い系、すなわち、活発に行動している人だと周りから思われたい人って多いじゃん。

 

「おつかれー」っていう相手が疲れていること前提の挨拶をすることで、「ああ、この人は疲れていることが当然の日常を送っているんだな」って周りに思わせて、疲れているのが当然=活発=意識高いっていう方程式を相手に立てさせようとしている。

そういう意図で使っている人が多いんだと思うんだよね。

 

つまり、「おつかれー」っていうのは、相手を労っているのではなく、自分が疲れている人だと周りに思いこませるためのものってわけ。

 

そして「おつかれー」がだんだん浸透してきて、何時の間にか意識高くない人も「大学はおつかれーって挨拶するのが普通なのかな……」って思うようになって、やがて大学生はみんなおつかれーって挨拶するようになった、と

 

 

うん、そうに違いない!

 

 

うぜーそんなこと気にしてんのお前だけだ

 

はいそうですね。だまります

 

でも!!やっぱり気になる!!

 

なんだろう。周りが急に変わっていて、自分だけ取り残されていることって、今までの人生でたくさんあるんだよね。

 

小学のときは何時の間にかみんなシャーペン使っていたし、

中学のときは何時の間にかみんな先生を呼び捨てで読んでいたし、

会社で働いていたら何時の間にかみんな社内のパソコンをwindows10にアップデートしていたし。

 

うーんなんとか、周りから取り残されないように、流行掴むためのアンテナをちゃんと立てていきたい所です、と前向きな綺麗事を言って終わりにします。

 

【将棋ウォーズで勝てる】初心者でも簡単、おすすめ戦法・定跡ベスト5!

 

f:id:onituka_hiroki:20170524223426j:plain

 

どうもこんにちは。鬼束ヒロキです。

 

突然ですが、自分は将棋が好きです。

将棋ウォーズというネット上で他の人と将棋が指せるサイトがあるですが、そこで一日中指し続けていることもあります。

もはや廃人に近くなっている。

 

将棋は現在すっごく盛り上がっていると思う。

 

藤井聡太というニューヒーローの登場や、加藤一二三バラエティでの活躍。

そして電王戦いでの、最強将棋ソフトPONANZAと名人佐藤天彦の対決。

 

うん、やっぱり盛り上がってるね。

 

正直将棋の記事って書いても読まれそうにないから書かないでいこうと思っていたんだけど、こんだけ盛り上がってたらたぶん結構読まれるかもだし、書いてみようと思いました。(不純)

 

そこで、今回は、「将棋初心者でも勝ちやすいおすすめの戦法」を紹介したいと思います。

最近の将棋界の盛り上がりを見て、自分も将棋を始めようって方が多いと思います。

しかし、いざルールを覚えて将棋ウォーズとかで対局しても、なかなか勝っていけないことも多いんじゃないかなと思います。

 

将棋をルールを覚えるのがとにかく大変!せっかく苦労してルールを覚えたのに、全然勝てないと、いやになりますよね。

 

今回自分が紹介する将棋の戦法は、覚えさえすれば初心者でも非常に勝ちやすいものです。

これらの戦法はプロ棋士はあまり指しません。

 

しかし、アマチュアの間では非常によく指されているし、勝率も高いと思う。

(プロ棋士も指すっちゃ指すけど、ちょっと別の物だったりする)

 

 

5位.石田流三間飛車

 

これね。石田流っていう名前がまずかっちょいい。

戦法の中身もかっちょいい。まず、角道を通す。そんで、次はなんと、今さっき動かした歩をもう一回前に動かすのだ。そしたら飛車を左から三番目にもっていく。

うまくハマればかなり強い。

相手の飛車を取りやすい戦法。

ただ、相手にうまく対応されると勝ちにくい。

後なんとなくずるい。

定跡本はかなり多いので勉強はしやすいと思う。

 

 

 

これは超有名。振り飛車の代表。飛車を左から四番目にもっていく戦法。

飛車を動かしたら玉を「美濃囲い」という囲いにかこう。

この美濃囲いっていうのがめちゃくちゃ固い。

しかも手数もそんなにかからない。とってもコスパの良い囲いだ。

玉を囲った後は、相手の攻めをひたすら待つ。

そして、相手が攻めてきたら、その隙をついて反撃する。

そうこれは「反撃」の戦法なのだ。

しかーし、この「反撃」がそこそこ難しい。

ある程度練習は必要な戦法だと思う。

でも、美濃囲いは非常に強力だし、なにより振り飛車の基本を学べる戦法なのでおすすめ。

 

 

3位.原始中飛車

 

原始時代からある戦法っていう訳じゃなくて、攻め方が原始的な中飛車って意味。

飛車を真ん中にまず持ってくる。

そして、四間飛車と同じように美濃囲いを組む。

後はがんがん攻める!。真ん中からがんがん攻める!
銀、桂馬、角、攻め駒をどんどん前に繰り出していって、攻める。
とにかく攻める。

四間飛車は「反撃」の戦法だけど、原始中飛車は「攻め」の戦法。

とにかく攻めるのが好きな人におすすめの戦法。

万が一攻めに失敗しても、玉が美濃囲いなので固いし、そう簡単には負けない。

 

 

2位.右四間飛車

 

飛車を右から四番目に移動させる戦法。

将棋漫画で有名な『ハチワンダイバー』では、なんとこの戦法に初段未満の人は全員やられてしまうって書かれている。

とにかく狙いは4筋!!!

4筋に飛車、角、銀、桂を全部集中させる。

そしていっきに攻め潰す。

自分も前はこの戦法を使っていましたが、本当に勝ちやすいです。相手が居飛車でも振り飛車でも使えるのが大きい。

 

 

1位.原始棒銀

 

二つ目の原始がきた!

これは知ってる人も多いと思う。

初心者ならまずこれ、って言う人もかなり多い。

やり方は実に簡単。飛車先の歩を伸ばして、飛車先の歩を交換した後、銀をずんどこずんどこ前に出していけばいいだけ!

原始棒銀は受けるのがめちゃくちゃむずい。

だから、だいたいの人は受けられずに終わる。

将棋のルールを覚えたら、まずこの戦法からやるのが良いと思う。

これ一本で4級ぐらいまではいけるんじゃないかと思う。

最初のうちは、玉を囲ったりとかしないで、とにかく攻めていけばいいと思う。

だんだんそれだと勝てなくなってきたら、相手が居飛車の場合は「カニ囲い」、振り飛車の場合は「船囲い」に囲うのがお勧め。

ちなみに棒銀と言えば加藤一二三さんが有名だけど、あの人の棒銀は攻めまくる戦法という訳でもなく、どっちかっていうとチマチマと攻めていく戦法なので、初心者にはお勧めしない。

 

 

まとめ

 

最初はこの5つの戦法を覚えるのが良いと思う。

横歩取りとか角換わりとか、そういう本格的な戦法はガチでむずくて、覚えることがむちゃむちゃあるので、とにかく最初のうちは避けるべし!

ちなみに将棋ウォーズは最初30級からスタートする。
たぶん4級まではいけると思う。そこからが結構むずい。
4級と3級の間には大きな壁がある。

そして、1級と初段の間にも大きな壁がある。

それ以降は1段ごとに大きな壁がある感じ。

なのでとりあえずは4級までいくことを目標にするのが良いと思う。

 

 

 

 

 

 

「悔しかったら見返してみろ」っていう常套句について

とりあえずそう言えさえすれば、相手からの反論を高確率で防ぐことができるからみんなそう言うんでしょうけれども。

 

上司とか、とにかく上の人。言い争っているときに「悔しかったら見返してみろ」って言う人、よくいますよね。学校の部活の先生とかも言う人多いのかな。

 

例えば上司から仕事を締め切りに間に合わないことを怒られて、仕事の量を減らして欲しいって言い返したら「言い訳は良い。悔しかったら見返してみろ」とか言って、結局仕事を減らそうとしない人。

 

そう言われて、もし言い返したりしたら「お前悔しがってるんだろ。顔に出てるぞ」っていやらしい口調で言われるのが目にみえているから、皆こう言われたら何も言い返せない。

 

けどね、そこで何も言い返さずに見返してやろうなんて思ったら、相手のおもうツボなんですよ。

 

ここで言う見返すってなんですか。相手の思い通りに行動することじゃないですか。

 

結局この常套句っていうのは、相手を自分の思い通りに動かすためのものなんですよ。

 

だから、こう言われたら絶対に見返してやろうなんて思っちゃだめです。

 

頑張ろうなんて思っちゃだめです。


ときには逃げることも大切なんです。

 

逃げるは恥だが役に立つんです。

 

悔しかったら逃げ出してみろ。