SNSで絶対に嫌われない方法

twitterというSNSがある。

最近ではSNS鬱などと言われ、SNSでの人間関係に果てしなく疲れる人も多い。

なぜSNSで疲れるのかというと、嫌われるかもしれないという恐怖が常に付きまとうからだ。
特にSNSをやっている人はリアルでの交友がうまくいっていない人も多い。
そんな人はSNSに居場所を求めている。そのなのにそのたった一つの居場所の中ですら嫌われてしまったら、
もう行くところがなくなってしまうのだ。

じゃあSNSで疲れないためには、どうしたらよいか。
答えは簡単だ。絶対に嫌われないための手段は尽くして尽くしまくればよい。これだけやれば絶対に嫌われないと自身も持てるようになれば、
SNSで疲れることはなくなるだろう。
今回はtwitterを例にとって、どうすればSNSで嫌われないようにできるかその方法を考えてみる。

 

1.裏アカウントを作る

 

twitterというSNSは便利なもので、アカウントを何個も作ることができる(作りすぎると凍結されるらしいが一桁台なら大丈夫だ)。
なので裏アカウントを作ってもう一つの顔を作ることをお勧めする。
裏アカウントからフォローするのは「特に親しい人」のみに絞る。
表アカウントでだれかと関係が悪くなったときに、裏アカウントは役にたつ。
表アカウントで喧嘩したとき、その人の悪口を裏アカウントに書き込むのだ。
親しい人たちはその書き込みをみて、いろいろ慰めてくれるだろう。その人の悪口を一緒にいってくれるだろう。
裏垢のフォロワーが表アカウントで悪口を言った人に対して、注意でもしようものなら大成功。たちたちその人を悪者にすることができる。
裏垢でフォローする人は親しいひとに限ること。何をいっても味方になってくれる人のみフォローする。これが肝心だ。

 

2.他人の創作物に反応する

 

twitterでは創作物を公開している人がやたらとたくさんいる。
絵であったり小説であったり様々だ。
二次創作といって、既存のアニメなゲームをもとにした創作も頻繁におこなわれている。
そうした創作物をフォロワーが流してきたら、とっさに反応するのも大切だ。反応といってもめんどくさいことはしなくていい。
ただそのツイートをRT&いいねするだけでいい。RTといいねはどっちかかたいっぽでもよいが、両方だとより効果的だ。
自意識過剰な人ならそれだけで好意も持ってくれる人も多い。
間違ってもやってはいけないのは、人の創作を批判したりすること。批判とは別にやってもよいことではあるのだが、友好を築くにあたってはやってはいけないものだ。

 

3.誰もが反論できないことをときどきつぶやく。

 

これは若干上級者向けのテクニックになる。
誰もが反論できない、ド正論をときどき強めの口調でつぶやく。
するとフォロワーはあのひとを敵に回すと怖いって思う。そして、こっちに攻撃的なことを言ってこなくさせることができる。
誰もが反論できないこととは具体的に言うと、「パクリツイートをRTするな」とか「映画のネタバレはやめろ」とか「著作権違法動画を見るな」
とかだ。こういったことは紛れもない正論で、反論がしずらい。こういうことを時折つぶやいて、フォロワーを刺激させよう。
こういうことを呟けばフォロワーはあなたは少し怖がってくれる。怖がってくれればたとえあなたがだれかと喧嘩したとしても、
味方についてくれることも多い。
これは自分が先頭にたって何かをやる人にはとくにおすすめする。
自分が企画の運営者だったり、サイトの管理者だったりする場合はそれなりに威厳というものが求められるから、こういうことをして怖がらせることは多少
は必要になってくるというわけだ。
もちろんやりすぎは禁物だ。あくまでこういうことをつぶやくのはほどほどの頻度にしておこう。

ポケモン新作のネタバレがいやな人はネットをやめてみることをおすすめする

最近は任天堂ダイレクトというものがあって、発売前から結構ゲームの情報が流れてくる。
特にポケモンは流れてくる情報量が非常に多く。
サンムーンでは新しいポケモンはほとんど発売前に明らかになっていた。
ED後のイベントについてもかなり明かされていた。
そんな公式に対して、文句を言う人も結構多い。
自分は事前情報なしでゲームを楽しみたいって人は結構いるみたいだった。

しかーし、それなら事前情報を見なければいい話。
そう思うだろう。
ところが、問題が一つある。こういった事前情報をSNSに流す人がいる。
ツイッターで新ポケモンについて画像つきでツイートする人は多い。たくさんいる。
だから、事前情報というものは避けようがないのだ。

じゃあ事前情報なしで楽しむ人はどうするか。
これはもうネットをやめるしかないんじゃないかって思う。

みもふたもないようだけど、それが一番良いと思う。
発売前三か月ぐらい、ネットをばっさりやめてみる。職場で使うのみにする。
こうすれば、絶対に事前情報を見ることがない。
ここまで徹底したほうがよい。

ネットをやめてみるのもたまにはいいんじゃないかって思う。
だいたい、事前情報をみたくないのに遭遇してしまう人は、ネットをやりすぎている人が多い。
だったら、三か月ぐらいはネットをやらなくてもいいんじゃないか。

そうすることで、新しい何かに出会える可能性だってあるんだから。
そんなにも新鮮な気持ちでプレイしたいならここまですべきだ。

事前情報を嫌う人は、事前情報をツイートする人を攻撃することも多いが、
別に事前情報をツイートすることは何も悪いことではない。
もちろん公式からの発表ではなく「フラグ」からの情報をツイートすることはまずいことだが。
そうでない場合は別に犯罪でもなんでもないのだから、攻撃するべきではない。

むしろ、変えるべきは事前情報を嫌う人の側だろう。
だからネットをやめるべきなのだ。

サラダチキンダイエットを始めた

コンビニにおいてあるサラダチキンって知ってる?

あれを最近むしゃむしゃくっている。

セブンイレブンとか、ファミリーマートとかにおいてある。
鶏むね肉を蒸したやつか丸ごと売られているのだ。

あれ、ものすごいカロリーが低い。
だいたい100kcalちょいぐらい。
そんでもって、めちゃくちゃ腹持ちがいい。

だからこれはダイエットに最適だと思って、自分は最近夜ご飯はこれ一つにしていた。

自分は最近だんだん太ってきた。
おもに運動しないせいなんだけど。

このサラダチキンは本来ばらばらにほぐして、サラダに入れて使うものだと思うけど、自分はそのまんま食べてる。
ちなみに味のほうだけど結構おいしい。

サラダチキンにはいろんな味がある。
ハーブ味だったり、スモークだったり。
最近では、カラムーチョ味なんていうのもある。まだ自分は食べたことがないが、ちゃんと辛くておいしいらしい。

コンビニによっていろんな味のがおいてあるからなかなか空きにくい。
実はこの食べもの、ダイエットに最適なんじゃないだろうか。

サラダチキンはコンビニにいけばいつでも手に入れられる。

しかし、鶏肉ってこんなにカロリーが低かったとは知らなかった。
鶏肉って揚げるとめっちゃうまいけど、カロリーが一気に上昇するんだよな。

サラダチキンはおいしいが、さすがにから揚げには及ばない。
そこは仕方がない。ダイエット食品なら多少は我慢するしかない。
だが、多少は我慢できるレベルの味だサラダチキンは。

サイゼリヤの安さは異常

いや、本当にすごくない????

 

なんであんなに安いんだサイゼリヤ


よくミラノ風ドリアが安いって話題になることがあるけれども、
ミラノ風ドリアよりも確かに安いけど、他の食べ物を激安い。

 

ちょっとコストパフォーマンスに優れすぎているんじゃないかって思う。

頑張りすぎだあれ。

 

まずピザがめちゃくちゃ安い。だいたい399円とかいう値段。もちろん小さいけれども、一人で食べる分にはむしろちょうどよい。出前のピザは一人では食いきれない。その点サイゼリヤはピザはちょうどよい

 

あとハンバーグとかも他のファミレスと比べてめちゃくちゃ安い。もう明らかに差があるんですわ。そして味も決して他のファミレスに劣らない。

 

あと自分がおすすめしたいのはワイン。グラスのワインはなんと99円。しかもおいしい。ワインはアルコール度数が高いから少量でも酔える。99円で酔うことができる。

 

ワインのつまみには、旨辛チキンが一番おすすめ。そこまで辛くない。だれでも食べらる味だ。辛くしたいならテーブルにおいてあるタバスコなりをかければよいだけである。

 

あとはエスカルゴも食べることができる。あの高級食材はサイゼリヤで低価格で食べることができるのだ。まだ食べたことがない人はぜひとも挑戦してみてほしい。味のほうが貝にとても似ている。

 

本当のブラック企業は残業しろなんて言わない

いや、これまじだと思うんですよ。
本当のブラック企業っていうか、ふつうの企業も「残業しろ」なんてセリフはだいたいの人は放つことはありません。
じゃあブラックじゃないんじゃんって思うじゃないですか。
いや違うんですよ。

これねSNSの弊害だと思うんですわ。
SNSとかで「上司が残業しろって言ったら断る方法」とかよく大量にリツイートされているでしょ。
そういうの見るから、ブラック企業というものは残業しろっていうものだと勘違いしてしまう人がいると思うのです。
自分もそうだと思っていました。「残業しろ」、「なんで早く帰るんだ」。そういうことばかり言われるとばかり考えておりました。

でも、実際は違いました。
もっと遠まわしに言ってくるんです。「残業しろ」なんて直接的に言ってくる上司なんていません。上司だって悪者になりたくないからね。この会社がブラックだと思われたら上から怒られるし。
「自分の仕事に責任を持て」とか「責任感はないのか」とかそういうことを言ってきます。帰ろうとするとそういう風なことを言って、帰らせまいとしてくるのです。
で、こういうセリフを聞いても残業を強要しているわけではないと思いこんでしまって、その会社がブラックだと気が付かない人っているんじゃないかって思うんですよね。

これって結構危険なことだと思うんです。
ツイッターは140文字しかないから、上司のセリフなどはわかりやすくしてくる。だから「残業しろ」とかそういう直接的な言葉になるだけで、実際は違うセリフを言ってるんですよ。

ここを勘違いすると危ないなって。

じゃあ、何でブラックかどうかを見分ければいいんだっていう話ですけれども。
これは自分の考えなのですがとにかく「責任」という言葉を繰り返す上司がいたら危ないと考えてよいと思います。

責任感を強要してくる人には対外ろくな人はいません。
仕事に責任をとれ=自分の時間を犠牲にしろってことですからね。

それで、仕事の量というものは上司は増やし放題ですから、増やすだけ増やしていくらでも残業させることが可能となるわけであります。

普段は優しい上司でもこういうことを言ってきたら要注意です。
あとは単純に自分の仕事量を見ることですかね。

自分に明らかに定時で終わらない仕事の量がやってきたらここはもうブラックと判断してもよいと。

定時で終わらないのは自分の作業スピードに問題があるなんて思わないほうが良いです。
そう考えてしまったらもう終わりですね。

 

 

 

最近妖怪ウォッチってどうなってるんだ

なんか最近あまりツイッターとかで流れてこなくなりましたね。妖怪ウォッチの話題。

ちょっと前だと妖怪ウォッチのアニメで何かのパロディが出てくると、すぐに大騒ぎになったものでしたが。大人の間でも大人気でしたね。

 

子供たちの間では今でも人気があるんでしょうか。全然わかんないんですよね状況が。

ついさっきですが、今年の映画の予告を観ました。
いやあ、すごい攻めてますね。いったいなんなんだあれは……。

 

ジバニャンとかコマさんとかが全然かわいくなくなっていて、主要キャラも一新し、一転してシリアスなお話を展開させていくみたいです。

後、ゲゲゲの鬼太郎ともコラボするみたいです。鬼太郎のキャラクター達が映画が登場するみたいだ……。

 

 

これは子供たちがどう思うのか気になりますね。

個人的にはあまり好きになってくれる子供が少ないんじゃないかって思うのですが。

やっぱりかわいいままのほうが子供は喜ぶんじゃないかって思うのですよ。

一方で大人には割と好評かもしれないゲゲゲの鬼太郎とか懐かしいって思うだろうし、シリアスな話展開は好む人も多いでしょう。

ただやっぱり子供はいつものギャグな妖怪ウォッチを求めるんじゃないかって思うのです。

 

しかし、あえてこういうことをやる冒険心もいいとは思うます。
前作なんか実写とアニメを融合させた映画を公開してましたからね。
妖怪ウォッチはとにかく攻めているイメージがあります。

ポケモンは、どっちかっていうと堅実なやりかたをとっている感じがあって対照的に感じます。

 

ただ攻めるのはいいんですが、それで生き残れるかはまた別問題ですけどね。
もし仮に爆死したとしても、また次のコンテンツを生み出せるのがレベルファイブのすごいところですが。

 

 

なんとしてでもブログを続けるために

このブログ初めてだいたい五か月目になります。

なのに

全然記事数が増えない!!!!!

 

なんでまだ25記事もいってないってやばいやろ。
一日一記事書いていれば今頃100記事に余裕で到達したのにと、自分の継続力のなさに愕然としております。

うんこれはやばい。こんなんじゃいけない。

 

こんなんでブログで稼いで会社やめたろって思っていた自分がひどく情けない。うん情けない。

もうひどいねこれは。

どうしたらいいんだろう。

最近の更新を見ていただけるとわかるんですが、画像を使っておりません。

とにかくブログを更新するハードルを下げようと思った結果です。画像を探して貼り付ける手間を省いた。

 

とりあえず、100記事は何がなんでも到達させてやろうと思います。

いま考えていることは、土日にまとめて書くということです。
そして予約機能を使って、一日ごとにそれを投稿していく。

どうしても平日はブログを書くのが難しいんだ自分は。
仕事を終えた後に書くということができない。
じゃあ朝早起きして書けばいいじゃんって思う人もいるだろう。
それも考えたよ。でもどうしても早く起きれないんですよ。ぎりぎりまで寝てしまう。

じゃあどうしようってことで消去法で土日にまとめてかくという方法になってしまった。

土日でまとめて7記事書く。土曜日に4記事。日曜時に3記事。
平日はブログを書きたくなったら書く。
とにかく最低一日一記事は投稿できるようにする。

これでいこうと思う。
これで100記事達成できないようなら自分はブログをやめたほうが良いということだ。

んで、肝心の記事のクオリティーのことだけれども、これもなかなか上がらない。
というか、むしろ下がっていってしまっている。

でもこれはとりあえずはおいておこうと思う。
とにかく今は100記事達成されることを目標にしようと思う。
そのほうがいい。絶対にいいうんそうだ。

100記事書いたら、その100記事をリライトしていけばいい。

ブログのデザインとかSEOとかもそのあとに考えればよい。

 

うん、よしこれでいこう。
とにかく100記事いくぞ。
100記事いかないとまずスタート地点にすら立てない。
今年中にスタート地点に立てなかったらもうだめだ。
はやくスタート地点に立つぞ。

 

あ、ちなみに閲覧数のほうですが、記事数が少ないにも関わらずだいたい月に100PVはいっております。これは本当にありがたい。感想を書いてくださった方もいる。本当に感謝しています。
見てくれた人の期待にそぐわないようにしなくてはいけない。