サイゼリヤの安さは異常

いや、本当にすごくない????

 

なんであんなに安いんだサイゼリヤ


よくミラノ風ドリアが安いって話題になることがあるけれども、
ミラノ風ドリアよりも確かに安いけど、他の食べ物を激安い。

 

ちょっとコストパフォーマンスに優れすぎているんじゃないかって思う。

頑張りすぎだあれ。

 

まずピザがめちゃくちゃ安い。だいたい399円とかいう値段。もちろん小さいけれども、一人で食べる分にはむしろちょうどよい。出前のピザは一人では食いきれない。その点サイゼリヤはピザはちょうどよい

 

あとハンバーグとかも他のファミレスと比べてめちゃくちゃ安い。もう明らかに差があるんですわ。そして味も決して他のファミレスに劣らない。

 

あと自分がおすすめしたいのはワイン。グラスのワインはなんと99円。しかもおいしい。ワインはアルコール度数が高いから少量でも酔える。99円で酔うことができる。

 

ワインのつまみには、旨辛チキンが一番おすすめ。そこまで辛くない。だれでも食べらる味だ。辛くしたいならテーブルにおいてあるタバスコなりをかければよいだけである。

 

あとはエスカルゴも食べることができる。あの高級食材はサイゼリヤで低価格で食べることができるのだ。まだ食べたことがない人はぜひとも挑戦してみてほしい。味のほうが貝にとても似ている。

 

本当のブラック企業は残業しろなんて言わない

いや、これまじだと思うんですよ。
本当のブラック企業っていうか、ふつうの企業も「残業しろ」なんてセリフはだいたいの人は放つことはありません。
じゃあブラックじゃないんじゃんって思うじゃないですか。
いや違うんですよ。

これねSNSの弊害だと思うんですわ。
SNSとかで「上司が残業しろって言ったら断る方法」とかよく大量にリツイートされているでしょ。
そういうの見るから、ブラック企業というものは残業しろっていうものだと勘違いしてしまう人がいると思うのです。
自分もそうだと思っていました。「残業しろ」、「なんで早く帰るんだ」。そういうことばかり言われるとばかり考えておりました。

でも、実際は違いました。
もっと遠まわしに言ってくるんです。「残業しろ」なんて直接的に言ってくる上司なんていません。上司だって悪者になりたくないからね。この会社がブラックだと思われたら上から怒られるし。
「自分の仕事に責任を持て」とか「責任感はないのか」とかそういうことを言ってきます。帰ろうとするとそういう風なことを言って、帰らせまいとしてくるのです。
で、こういうセリフを聞いても残業を強要しているわけではないと思いこんでしまって、その会社がブラックだと気が付かない人っているんじゃないかって思うんですよね。

これって結構危険なことだと思うんです。
ツイッターは140文字しかないから、上司のセリフなどはわかりやすくしてくる。だから「残業しろ」とかそういう直接的な言葉になるだけで、実際は違うセリフを言ってるんですよ。

ここを勘違いすると危ないなって。

じゃあ、何でブラックかどうかを見分ければいいんだっていう話ですけれども。
これは自分の考えなのですがとにかく「責任」という言葉を繰り返す上司がいたら危ないと考えてよいと思います。

責任感を強要してくる人には対外ろくな人はいません。
仕事に責任をとれ=自分の時間を犠牲にしろってことですからね。

それで、仕事の量というものは上司は増やし放題ですから、増やすだけ増やしていくらでも残業させることが可能となるわけであります。

普段は優しい上司でもこういうことを言ってきたら要注意です。
あとは単純に自分の仕事量を見ることですかね。

自分に明らかに定時で終わらない仕事の量がやってきたらここはもうブラックと判断してもよいと。

定時で終わらないのは自分の作業スピードに問題があるなんて思わないほうが良いです。
そう考えてしまったらもう終わりですね。

 

 

 

最近妖怪ウォッチってどうなってるんだ

なんか最近あまりツイッターとかで流れてこなくなりましたね。妖怪ウォッチの話題。

ちょっと前だと妖怪ウォッチのアニメで何かのパロディが出てくると、すぐに大騒ぎになったものでしたが。大人の間でも大人気でしたね。

 

子供たちの間では今でも人気があるんでしょうか。全然わかんないんですよね状況が。

ついさっきですが、今年の映画の予告を観ました。
いやあ、すごい攻めてますね。いったいなんなんだあれは……。

 

ジバニャンとかコマさんとかが全然かわいくなくなっていて、主要キャラも一新し、一転してシリアスなお話を展開させていくみたいです。

後、ゲゲゲの鬼太郎ともコラボするみたいです。鬼太郎のキャラクター達が映画が登場するみたいだ……。

 

 

これは子供たちがどう思うのか気になりますね。

個人的にはあまり好きになってくれる子供が少ないんじゃないかって思うのですが。

やっぱりかわいいままのほうが子供は喜ぶんじゃないかって思うのですよ。

一方で大人には割と好評かもしれないゲゲゲの鬼太郎とか懐かしいって思うだろうし、シリアスな話展開は好む人も多いでしょう。

ただやっぱり子供はいつものギャグな妖怪ウォッチを求めるんじゃないかって思うのです。

 

しかし、あえてこういうことをやる冒険心もいいとは思うます。
前作なんか実写とアニメを融合させた映画を公開してましたからね。
妖怪ウォッチはとにかく攻めているイメージがあります。

ポケモンは、どっちかっていうと堅実なやりかたをとっている感じがあって対照的に感じます。

 

ただ攻めるのはいいんですが、それで生き残れるかはまた別問題ですけどね。
もし仮に爆死したとしても、また次のコンテンツを生み出せるのがレベルファイブのすごいところですが。

 

 

なんとしてでもブログを続けるために

このブログ初めてだいたい五か月目になります。

なのに

全然記事数が増えない!!!!!

 

なんでまだ25記事もいってないってやばいやろ。
一日一記事書いていれば今頃100記事に余裕で到達したのにと、自分の継続力のなさに愕然としております。

うんこれはやばい。こんなんじゃいけない。

 

こんなんでブログで稼いで会社やめたろって思っていた自分がひどく情けない。うん情けない。

もうひどいねこれは。

どうしたらいいんだろう。

最近の更新を見ていただけるとわかるんですが、画像を使っておりません。

とにかくブログを更新するハードルを下げようと思った結果です。画像を探して貼り付ける手間を省いた。

 

とりあえず、100記事は何がなんでも到達させてやろうと思います。

いま考えていることは、土日にまとめて書くということです。
そして予約機能を使って、一日ごとにそれを投稿していく。

どうしても平日はブログを書くのが難しいんだ自分は。
仕事を終えた後に書くということができない。
じゃあ朝早起きして書けばいいじゃんって思う人もいるだろう。
それも考えたよ。でもどうしても早く起きれないんですよ。ぎりぎりまで寝てしまう。

じゃあどうしようってことで消去法で土日にまとめてかくという方法になってしまった。

土日でまとめて7記事書く。土曜日に4記事。日曜時に3記事。
平日はブログを書きたくなったら書く。
とにかく最低一日一記事は投稿できるようにする。

これでいこうと思う。
これで100記事達成できないようなら自分はブログをやめたほうが良いということだ。

んで、肝心の記事のクオリティーのことだけれども、これもなかなか上がらない。
というか、むしろ下がっていってしまっている。

でもこれはとりあえずはおいておこうと思う。
とにかく今は100記事達成されることを目標にしようと思う。
そのほうがいい。絶対にいいうんそうだ。

100記事書いたら、その100記事をリライトしていけばいい。

ブログのデザインとかSEOとかもそのあとに考えればよい。

 

うん、よしこれでいこう。
とにかく100記事いくぞ。
100記事いかないとまずスタート地点にすら立てない。
今年中にスタート地点に立てなかったらもうだめだ。
はやくスタート地点に立つぞ。

 

あ、ちなみに閲覧数のほうですが、記事数が少ないにも関わらずだいたい月に100PVはいっております。これは本当にありがたい。感想を書いてくださった方もいる。本当に感謝しています。
見てくれた人の期待にそぐわないようにしなくてはいけない。

一週間の中で、何曜日が一番しんどいか

答え:全部辛い

 

いやいやいやいや、なんやそれって思うかもしれない。
でもこれは決しておかしな発言ではなく、実際に自分にとってはそうなのである。
月曜日から日曜日まで自分は最近全部辛い。しんどい。もうやだ。リスカしよ。
ただ、一概に辛いと言っても、辛さのベクトルがそれぞれ違う。月曜日の辛さと日曜日の辛さは全く異なるものである。
辛いって言っても、色々ある。

そこで今回は、月曜日から日曜日まで、いったい何が原因が辛いのかを纏めてみようと思う。そしてあわよくば、辛さを軽減する方法についても少し考えてみよう。


月曜日:

これが一番分かり易いね。土曜日、日曜日とニ連続で働いていたのに、ここにきて働かなくてはいけないという辛さ。
月曜日から5日間も連続で働かなくてはいけないと思うと酷くしんどい。今日のことだけでなく、5日間のことまでも考えて憂鬱になる。
憂鬱を軽減させる方法としては、今日一日のみのことしか考えないことか……。

 

火曜日:

まだ休みまでは長い。「とりあえず月曜日は適当にやろう」って思考で月曜日を乗りこえた場合ここでしんどくなる。
いよいよ言い訳が効かなくなる。月曜日にやらなかっためんどい仕事にそろそろ手を付けないといけなくなる。
火曜日が終わった後、まだ週の半分が終わっていないという事実に愕然とする。そういうときは金曜日をとりあえずなかったことにする。
そうすることで火曜の段階で「半分終わったー!イエーイ!」って無理やり思うことにしている。だが、金曜日は確実に存在するのだ。そんな自己暗示は滑稽なだけである。

 

水曜日:

昼休みになると「ようやく今週で半分かー。なんとか乗り越えるぞー!」って前向きな気持ちになるときとならないときがある。
月曜日と火曜日の疲れが溜まってしまってポジティブになれないときがあるのだ。
とりあえず水曜日が終われば休みが見えて来るわけだけども。

 

木曜日:

週末までに終わらせないといけない仕事を片付けないといけない。金曜日に残しておくと、終わらない恐怖と戦わないてはいけないから木曜日までに済ませないという気持ちになる。
という訳で、木曜日が一番残業が増える。水曜までの疲れになんとか耐えながら、戦い続けないといけない。
しんどい。めっちゃしんどい。
ただ木曜日が終わってしまえばこっちのもの。後1日乗り越えれば良いんだ。

 

金曜日:

さあ、今週で終わりだ。金曜日。ラスト。ファイナル曜日。ファイナルファンタジーはいつまで経ってもファイナルにはならないが、ファイナル曜日はちゃんとこれにて終了する。
ただ今週で仕事をちゃんと切りよく仕上げないと来週の月曜に泣くから一応そこは気をつかわなくてはいけない。
仕事が終わったら自分は速攻で酒を飲む。この酒を飲んでいる時間が一番の至福。もう来週のことなんて考えない。今が楽しければそれでいい。

 

土曜日:

二日酔いは食べ過ぎの下痢で、午前中は何もできないことがしばしばある。今日は休みだーと晴れやかな気持ちになりつつも、「なんとか楽しまなきゃ」って気持ちに追われ、翻って楽しめないときがしばしばある。
とりあえず部屋の掃除なんかをしてみるが結局進まない。
自分はぶっちゃけ土曜日よりも金曜日の方が楽しい。うんこれは間違いない。意外と土曜日はうんこ。
何か絶対的な趣味とかあれば土曜日が一番楽しいものになるのだろう。
ちなみにこの記事を書いているときは土曜日で、本日も何か休みだからしなくてはいけないという気持ちになったからこの記事に着手している。

 

日曜日:

明日から会社という恐怖にずっとずっと怯え続けることになるこの曜日は。
サザエさん交渉群と言ってサザエさんを観た後の夜7時から鬱になる人も多いらしいが、自分は日曜は一日中鬱になっていることも多い。
なんとか時間を無駄にしてはならないと思うが結局やりたいことの半分もできない。
やりたいことを消化できるのが夜の8時を過ぎてからになることもある。
日曜日はあまり早く寝たくない。明日になってしまうのが怖いから。

台風の日に無理して選挙に行くべきではない

いや、別にいいんだけどさ。

なんかツイッターで、「若者の投票率が低いから、台風にも負けずに選挙に行こう」って言っていた人がたくさんいた。そしてそんなツイートがたくさんRTされていたんだけど。

こっちは東京だったからまだそこまで雨が強くはなかった。自分も選挙に行ったが、かなり濡れたものの、まあ一応大丈夫ではあった。それでも風邪を引いてしまった人はいたかもしれない。とりあえず自分は大丈夫だった。投票所も近かったしね。

でもさ。

関西の方とか外歩けるような状況じゃなかっただろ。
どう考えても、選挙よりも身の安全を図るべき状況だったと思う。

夜中に台風が東京にやってきて、これはやばいと実感した。今まで体感した台風よりも遥かに激しい嵐だった。これは選挙に行けなくてもしょうがない。

確かに若者の選挙率は低い。若者の選挙率が低いせいで、若者に対して有利な制度を政治家が作ってくれないのも事実だ。
台風が来ることなんて分かっていたんだから、期日前投票で行っとけよっていうのも分かる。
確かにそうなんだけど、でもそれを執拗に押し付けるのはどうかと思うよ。執拗に押し付けて、どんな事情があっても選挙に行かない奴を悪者にするのもどうかと思うよ。

んで、そういうふうに押し付けてくる人に限って、「こんな台風の日に出勤させる会社は潰れろ」とか言ってる。いや、あんたもそんな社員の安全を考えていないクソみたいな会社と同じだって気づけよって思う。
選挙には勿論行った方がいい。だが、どうしてもいけない事情というものは必ずある。
台風だけじゃない。日曜日が仕事の人だっている。
基本的に、行ける人だけが行けば良いと思う。
いける人だけがいけば、ちゃんと若者の投票率はそれなりの高さにはなるはずだ。

実際、台風にもかかわらず選挙に行ってしまって、風邪を引いた人、怪我をした人はそれなりにいただろう。
そういう人たちが本当気の毒でしょうがない。

まあ、一番問題なのはネットからの投票ができないことだと思う。ネット投票なんでできないんだろう。集計だって楽なのに。
まああの選挙の用紙の書き心地の良さは神だけどね。でもいいところってそれぐらいで、だいたいネット投票の方が便利なはず。

で、肝心の選挙の結果だけど自民党圧勝らしいね。
まあ、分かりきっていたことだけど。特に選挙の結果について語ることはないね。
自分は政治詳しくないし。

キングオブコント2017 感想

なんかうん、今更って感じがするけどこの間見たキングオブコントの感想を書きました。いやあよくあるじゃん、お笑いのブログとかで、m-1とかキングオブコントの出演者を自分なりに点数つけてみたりして語っているの。


自分もそれをやりたいんですよ。
というわけでいまからやります。


はいレツゴ!!!!!!

 

 

1.わらふぢなるお 90点
コンビ名を「わらぶち」と間違えやすい。ボケツッコミのやり取りとか、どうしてもサンドウィッチマンに似ちゃっている気がする。でも面白い
。ボケの質が高いね。ただなんだろう。こういう一問一答形式のコントと、ストーリー性のあるコントってやっぱり比較が難しい気がする。ここが基準点になるのってなかなかきついというか。一つ一つのボケは面白いけど、ストーリーがないんだよね。最後のオチの部分とか、特に伏線がなかったし。それをどうみるかって所なのかな。トップバッターでしっかりと温めてくれたのでとりあえず自分は90点にした。


2.ジャングルポケット 92点
エレベーターで上に行きたいのに、なかなか行かせてくれないネタ。前回も思ったけど、トリオならではのネタの見せ方だなあと。ネタ自体はすごく面白い。女の役が「なんで止めてくれないの!」っていう所は、変わったシチュエーションによくあるセリフを掛け合わせていた面白い。オチもうまいと思った。なんか漫画みたい。ただ、もうひとつ爆発力が欲しい所。


3.かまいたち 95点
すげえ良く出来てる。告白されたのかと思いきや、告白する練習をしていた、という一つの裏切りだけにとどまらず、見られている練習をしていたという二つ目の裏切りがあって、深みが増している。構成力が半端ない。こういう小説ありそう。スタンガン怖い。


4.アンガールズ 89点
昔は田中が山根に何かを教えるんだけどグタグタになるネタが多い印象だった。今回は田中の心の闇を見せたネタで、進化してるなあと感じた。ただ、ズボンをどういうふうに着るかという展開はややありきたり感があったかもしれない。でも面白かった。もう芸歴18年なんだね。


5.パーパー 84点
うーん、って感じだった。いや、つまらない訳じゃないんだけど。面白い部分は確かにあった、マルチ商法の下りなんか声出して笑った。なんだけど、なんかいまいちに感じる理由はツッコミの女の子のキャラが薄いからな気がする。最近はコントでも漫才でもボケで笑いを取り、ツッコミで笑いをとることによって笑いの数を増やしているコンビが多いが、このコンビはボケのフレーズしか笑いどころがないのが物足りなく感
じてしまった理由か。審査員の点数もあまり伸びず。


6.さらば青春の光 95点
居酒屋っていう設定でこうくるかーって感じだった。とにかく展開が綺麗。めっちゃ纏まっている。オチも見事すぎる。終盤はもっと笑いが起き
てもいいと思った。卵焼きを借りる部分が一番おもしろかった。


7.にゃんこスター 97点
なんとなく2700に似ている気がする。VTRで新しいといわれていたけれども、言うほど新しくは無い気がする。ただ、めちゃくちゃおもしろかったのは事実で、最初の縄跳びを飛ばないボケは今大会で一番爆笑した。伝説の剣が抜けと思ったら、すぐに捨てる下りも良かった。オチはまあ、これはこれでありなんじゃないでしょうか。


8.アキナ 86点
静かな感じ。ボケの奇妙な動きを大喜利的に笑いへと変換させた感じで、むしろにゃんこスターよりも新しさを感じた。ただ肝心の笑いの量は少なかった。会場の笑いの量だけなら最下位かもしれない。ただ、ゲラゲラ笑わせるだけがお笑いではないのかもしれないし、これはこれでいいんじゃないだろうか。賞レースでやるネタじゃないと言えばそうだけど。


9.GAG少年楽団 89点
自分は結構良かったと思う。三人の演技も良かったし、老人が恋愛に関しては中学のままっていう設定も良かった。焼肉に例えた下りも面白いし、表現力も高い。ただ、ちょっとわかりづらい部分もあった。焼肉に例えた下りとか、一回みただけじゃ分からなかった。何回も見て面白さが分かるネタ。でもこのトリオのネタはもっと見てみたい。


10.ゾフィー 88点
母親のことを飯呼ばわりするっていうネタで、ちょっと倫理的にあれかもしれないが。でも悪くはなかった。父親がカップ麺食べてたことを執拗に責める下りが最も面白かった。母親の携帯に飯って登録したりとか。飯一本でうまいこと四分押していったなあと思った。

 

ここからは二本目

 

1.アンガールズ 91点
一本目より面白い。法の中で暴れているというワードはキラーフレーズだと思う。頭をぶつけ合うオチで和んだ。

 

2.ジャングルポケット 92点
なんか知らないけど笑っちゃう。コントの本筋がなんとも定まっていないネタではあるけどね。でも面白かったから関係ないか。音に反応して「やめろー」って言っている下りなんか馬鹿馬鹿しくて腹が痛かった。


3.さらば青春の光 94点
面白いよこれは良く出来ている。ただ何回も他のネタ番組で見たことのあるネタなんだよね。会場にいるお客さんも初見の人は少なかったんじゃないかと思う。笑い声は若干ジャングルポケットよりも下だった。ただこのネタはやっぱり着眼点が素晴らしいんだよね。パワースポットっていうものをうまく皮肉っていた。尿管結石や滑舌が悪いこと、などの伏線を回収するボケも追加されていてよりパワーアップしていた。オチはちょっとうーんって感じだったかな。


4.かまいたち 96点
いやあ凄いなこれ。ただスーツ脱ぐだけでこんなに笑いが取れるとは!!スーツ脱ぐだけだもんね本当に。たったそれだけなのに、ツッコミのワードでうまいこと笑いを取っている。「見た目のウェットスーツの部分減
らしたいんじゃないんやで」なんかもうめちゃくちゃ笑った。後半になってもうスーツが明らかに脱げることが分かっていても、更に笑いどころを足している所にはすげえとしかいいようがなかった。これは優勝納得でしたね。


5.にゃんこスター 90点
まあ、芸歴半年未満だもんね。そりゃあネタないよね。仕方ないよ。一本目より強いネタがないならむしろ、同じネタをやってインパクトを残し
た方が得だ。だからこの選択は正しかったんだと思う。来年以降どうするのかなーっていうのはあるけれど。まあ売れてしまえばね。

 

 

という感じでした。個人的にはさらばとかまいたちが二本とも安定してて好きでした。自分はお笑い好きなのでこれからもキングオブコントやR-1やM-1の感想は書いていきたいと思っております。それでは!